兵庫県から入学できる通信制高校の情報を調べよう

学が難しいという人も無理なく高校の課程を学ぶことができます

学が難しいという人も無理なく高校の課程を学ぶことができます : 学校の選び方としては、まずは学費を比較しておきたいところ : 卒業までにはどれぐらいの期間が必要になるのか

高校で学ぶというと、全日制の学校に通うというイメージも強くありますが、毎日の通学が難しいという人も少なくありません。
とはいえ、就職のときなども学歴は重視されますので、高校の卒業資格は取っておきたいと考える人は多いものです。
不登校や家庭の事情など、通学が難しくなる理由は人それぞれ違いがありますが、通信制高校であれば自宅での学習が中心になりますので、通学が難しいという人も無理なく高校の課程を学ぶことができます。
通信制高校の場合も、必要に応じてスクーリングはありますが、基本的には自宅学習となっており、多くの学校は単位制をとっています。
通学生の場合は、毎年進級することになりますが一定の成績を得ていない場合や、出席日数が不足している場合は留年になってしまいます。
通信制高校の場合は単位制なので、留年になる心配はなく不足している単位を再修得することになります。
通信制の場合は、正式な学歴として認めてもらえないのではと考える人もいるかもしれませんが、卒業資格は全日制の高校と同じです。
通信制で学ぶメリットは、まずは自分のペースで無理のない学習ができることがあげられます。
好きな時間を利用して勉強できますので、自由に使える時間も多く働きながらでも学ぶことができます。
通常では、高校は3年間で卒業することになりますが、一年間で学ぶ学習量は特に決められていませんので、特に3年という期限もなく最終的に卒業要件を満たせば卒業することができます。
通信制高校は、全国から学ぶことができますが、兵庫県でも公立と私立の通信制高校がいくつか用意されていますので、それぞれの学校の特徴を比較しながら、自分に合う学校を選んでいきましょう。

日本教育学院高等学校サッカー部

日本教育学院高等学校は奈良県の通信制高校です。


新入部員随時募集しています❗️

《所属選手出身地》
大阪府、奈良県、兵庫県、京都県、三重県、埼玉県、千葉県、など

《登校》
自宅通い
寮生活(サッカーコース)

選手権目指して一緒に頑張ろう‼️#高校サッカー pic.twitter.com/N4IVLZzlhU

— 日本教育学院サッカー部 (@babaaoyagi) July 1, 2020